指導者紹介
常任指揮者/納多正明

東京芸術大学卒業後、関西二期会に所属し、オペラ「フィガロの結婚」「ジャンニ・スキッキ」「カヴァレリア・ルスティカーナ」「タンホイザー」等、多くの作品に出演。
日本のオペラでは、「おこんじょうるり」「脳死を超えて」「人買い太郎兵衛」等がある。 バッハ「クリスマス・オラトリオ」モーツアルト「レクイエム」ハイドン「天地創造」等のソリストとしても活躍。 アカペラの男声六重唱「ジパングコンソート」のメンバーでもあり、1996年 、京都バロックバザールの演奏で青山音楽賞を受賞。音楽監督を務める長岡天満宮コンサートが、2006年に京都府「新世紀かがやき賞」を受賞。
大阪芸術大学、平安女学院短期大学、芦屋女子短期大学を経て、現在京都市立音楽高校、県立西宮高校音楽科講師。長岡天満宮音楽監督。関西二期会会員。

納多正明 近影

常任指揮者
納多 正明

ピアニスト/南依里

ミュンヘン国立音楽大学卒業。'97 年ミュンヘン国立音楽大学大学院をデイプロム賞[ドイツ国家演奏家資格]を得て卒業。第13 回ラフマニノフ国際ピアノコンクール入賞兼ディプロム賞受賞。クラウス・シルデ、ミヒャエル・シェーファー教授のもとで研鑽を積む。
京都堀川音楽高校入学後、PTNA ピアノコンクール[高校生の部]最年少で全国大会第1位。読売新聞社賞他受賞。在学中より東京文化会館にて演奏会。卒業後渡独。'97 年ミュンヘン国立音楽大学大ホールにてデビューリサイタル。ドイツ・イタリア・スペイン各地で演奏する。帰国後、'99年シューベルト国際歌曲〈リート〉コンクールにて客演。'00 年ベートーヴェン『ピアノ協奏曲第5番 皇帝』、'03年ワルシャワ国立フィルハーモニー・コンサートマスターと共演。'06年ショパン『ピアノ協奏曲第1番』'08年リスト『ピアノ協奏曲第1番』を大阪センチュリー交響楽団,テレマン管弦楽団,ニューフィルハーモニック管弦楽団等で共演している。
近年ピアノリサイタル'09 年ヘンデル没後250 年、'10 年シューマン生誕200 年、'11 年リスト生誕200 年、2012 年より“名作に秘められた伝説シリーズ”'13年ベートーヴェン ピアノソナタと歌曲による日独リサイタル開催。【ドイツ詩と音楽を紐解いて】を展開している。2004年よりミュンヘン国立音楽大学主任教授の通訳。

南依里 近影

ピアニスト
南 依里