指導者紹介
常任指揮者/納多正明

東京藝術大学音楽学部卒業。関西二期会に所属し、オペラ「ジャンニスキッキ」「フィガロの結婚」「カヴァレリアルスティカーナ」「タンホイザー」「真夏の夜の夢」「ねじの回転」等多くの作品で好演。日本のオペラでは「おこんじょうるり」「脳死を越えて」「人買い太郎兵衛」等がある。バッハ「クリスマスオラトリオ」モーツアルト「レクイエム」ハイドン「天地創造」等のソリストとしても活躍。アカペラの男声六重唱“ジパングコンソート”のメンバーでもあり、‘96年京都バロックザールの演奏で青山音楽奨励賞を受賞。大阪芸術大学、相愛大学、平安女学院大学、芦屋女子短期大学、京都市立堀川音楽高等学校の講師を経て、現在兵庫県立西宮高等学校音楽科講師。混声合唱団「ソカロ」(東大阪市)指揮者。

納多正明 近影

常任指揮者
納多 正明

ピアニスト/南依里

京都堀川音楽高校入学後、PTNAピアノコンクールに最年少で全国大会第1位、読売新聞社賞他受賞。ミュンヘン国立音楽大学卒業。97年同大学大学院をドイツ国家演奏者資格ディプロム賞を得て最高位修了。ドイツ・イタリア・スペイン各国で演奏会を開催。ワルシャワ国立フィルハーモニーコンサートマスターとの協演。帰国後、大阪センチュリー管弦楽団とピアノ協奏曲を協演。2003年第13回ラフマニノフ国際ピアノコンクール入賞兼ディプロム賞受賞。2009年以降毎年度、ドイツ連邦共和国総領事館の後援で「ヘンデル没後250年」、10年「シューマン生誕200年」、11年「リスト生誕200年」、12年「名作に秘められた伝説シリーズ ブラームス」、13年「ハイドン・ベートーヴェンのピアノソナタと歌曲」で好評を得て、14年「ドイツ詩と音楽を紐解いて シューベルト幻想曲と歌曲」、15年から河合楽器主催ピアノリサイタル」「三木楽器主催ベーゼンドルファー2台ピアノ」クラシック&ジャズを繰り広げて、16年以降は日本各地でリサイタルを行い、これまでに著名な指揮者共演者と公演。2017年6月ドイツデュッセルドルフにも招聘された稀少なピアニスト。

南依里 近影

ピアニスト
南 依里